キロスのゲーム日記

ゲーム、TCGなど趣味の話

ついに、FFRKにFFTが登場!!

ついにやってきました。
FFRKにFFTから、ラムザとアグリアスが参戦しました!
FFT好きな私としては非常に嬉しいです!!

ひとまず、これまで溜め込んでいたミスリルを使ってFFTの11連ガチャを回した結果、アグリアスの専用超必殺「無双稲妻突き」付きのディフェンダーとラムザの専用必殺「エール」付きのグランドアーマーを引きました。
11連一回でこれだけ出るというのは運が良すぎますね。
まぁ、この直前までミスリル150個使って☆5が一回も出ていなかったので、平均すると期待値割れなんですが、そんなことよりも大好きな無双稲妻突きが使えることの方がはるかに嬉しいです。


問題の、ラムザとアグリアスのスペックですが、

ラムザの使用可能アビリティは
 物理攻撃☆4
 物理補助☆5
 ナイト☆4
 忍者☆4
 吟遊詩人☆3
というように、魔法以外のあらゆるサポートをこなしつつも、サブアタッカーとしては十分すぎる火力を持った超優秀な物理補助キャラになっています。
地味に武器として楽器も装備できるので、最大級の威力で忍術を使えるのもおいしいですね。

さらに、サポートキャラとして理想的な専用必殺技も揃っています。
初期習得のためるは、原作では見習い戦士の最初期の基本技でレベル上げでお世話になりましたが、FFRKでも自身の攻撃力アップという地味な性能のままでした。
しかし、超必殺のさけぶは味方全体の攻撃力を大幅強化しつつ、ヘイスト状態にするというものです。
また、専用必殺のエールは味方全体のHPを回復しつつプロテス状態にできます。
つまり、必殺を集めれば、開幕でさけぶを使い全体の火力を上げつつ加速して、その後減ったHPを回復しながら守りを固められるという万能っぷりを発揮できます。

さらに、専用必殺の投石六連弾は高確率で行動キャンセル付きの6連攻撃です。
行動キャンセルは原作の高確率ノックバックの再現ですね。
FFRKでは各攻撃で追加効果の成功判定が行われるため、6連で攻撃すればほぼ確実に行動キャンセルが発生するといえるのではないでしょうか。
まさか序盤の削り&レベル上げでお世話になった投石が強化されて帰ってくるとは・・・

とりあえず、カタログスペックではめちゃくちゃ強いです。

私は現状では専用必殺はエールしか使えないですが、それでも早速大活躍しています。
ヒーラー以外で全体のHPを回復しながら守りを固められるので、立て直しが非常に楽です。
エールは回復量が精神に依存しないので、物理タイプのラムザでも十分すぎるほど回復できています。

余談ですが、原作ではラムザは数少ないアルテマの使い手でしたが、今のところFFRKでは黒魔法☆6のアルテマは使えません。
しかし、これは仕方ないですかね。
個人的には、ラムザは叫んで自己加速してからの素手ジャンプが最高の攻撃手段だと思っているので、竜騎士のアビリティも使えたら嬉しいと思いです。
まぁ、仮に使えても、FFRKのジャンプはあまり役に立たないので使いませんが。


一方、アグリアスの使用可能アビリティは
 白魔法☆4
 魔法剣☆4
 物理攻撃☆5
 ナイト☆5
となっており、FF9のベアトリクスと被っています。
魔法剣が使える分、アタッカーとしてはより優秀ですね。
原作の聖剣技は新しい属性を乗せるような効果はないのに、魔法剣まで使えるとは思っていませんでした。

必殺技は、不動無明剣、乱命割殺打、無双稲妻突き、となっており、予想通りに聖剣技がならんでいます。
これまで、一度も超必殺付きの装備を手に入れたことがなかったので、今回初めて自らの手で超必殺の無双稲妻突きを使ってみましたが、やはり強いですね。
無造作に1万超えのダメージを叩き出せるのは爽快でした。
しかも、遠距離攻撃というのが地味に嬉しいです。

アグリアスに関してはFFシリーズの中でも最上級に好きなキャラなので、スタメン確定です。
役割的にベアトリクスと入れ替えます。


このように、新規の追加キャラ自体がFFT好きにはたまらないのですが、それ以上にFFTダンジョンが非常に楽しかったです。

まず、敵のグラフィックがFFTでの戦闘中の頭身の低いドット絵ではなく、取説や攻略本に乗っている頭身の高いイメージイラストをドット絵にしたものでした。
初戦からナイトがかっこよくなっていて驚きました。

そして、FFTの名物である、戦闘中に発生する敵との議論も再現されていました。
ラムザとアグリアスがオヴェリアを助けに向かったゴルゴラルダ処刑場では、ガフガリオンとの議論戦闘の一部始終が再現されており、BGMのAntipyreticも合わさって、めちゃくちゃテンションが上がりました。
出先でプレイしていましたが、テンションが上がりすぎて挙動不審になっていたと思います。
アグリアスの名言である「今さら疑うものか! 私はおまえを信じる!!」が戦闘中に聞けるとは思っていなかったので、非常に感動しました。

また、FFTの楽しみの一つである、味のある詠唱呪文も再現されており、ガフガリオンとの戦闘中に時魔導士が「ひるがえりて来たれ、幾重にも、その身を刻め。ヘイスト!」と喋ったのも非常に嬉しかったです。
ウィーグラフが「命脈は無情にして惜しむるべからず、葬る。不動無明剣」と喋ったのも印象深かったです。

さらに、シミュレーションRPG特有の立ち位置まで、戦闘中に近接攻撃が届く前列から近接攻撃が届かない後列へと敵が移動することによって再現されていました。

他のイベントに比べて、FFTだけ再現率が半端ないですね。


FFTのイベントが始まってからテンション上がりっぱなしで、これはガチャにお金を使いたくなってしまいます。
幸い、私はミスリル50個で最低限の装備は集まったので、無謀な課金が必要なくて助かりました。

とくろで、機工士のアビリティが実装されたのに、使い手のムスタディオはまだですか?
関連記事
関連するタグ ゲームFFFFRKプレイ日記
[ 2015/10/29 06:16 ] ゲーム FFRK | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

キロス

Author:キロス
ゲームやTCG、その他日常生活で気になった事の話をします。
主にFFの話をするつもりですが、色々なネタを書くと思います。

検索フォーム
全記事表示リンク