キロスのゲーム日記

ゲーム、TCGなど趣味の話

「苦しんで覚えるC言語」を読んだ

以前から気になっていた書籍版の苦しんで覚えるC言語を読んでみました。


C言語の入門をする際に苦しむポイントがわかりやすく簡潔に説明されているので、飽きることなく読める入門に最適な本だと感じました。
これだけ内容が整理されていると、筆者が執筆に苦しんだ様子が感じられます。
Web版は以前閲覧していた時期がありますが、書籍の方が読みやすくていいですね。

以前は、C言語に初めて触れる人にはとりあえず独習C↓を読み通せと言っていましたが、あの本はぶ厚すぎて初心者は心が折れるようなので、今後は苦しんで覚えるC言語を勧めるようにします。

知り合いの中で、独習Cを読み通せと言って読み通した初心者はいないですからね。
あれもいい本なのに。

苦しんで覚えるCの方は本のサイズが小さいので、読み始める際の抵抗がやわらげられていいですね。
持ち運んで、暇なときに読むこともできますし。
独習Cなんかは持ち運ぶの無理ですし。
まぁ、”苦しんで”という名前で毛嫌いされそうな気もしますが。

内容は、入門書としての必要な要素(変数、配列、関数、ポインタ等々)が完備されていて、これを読めば最低限のプログラミングができるようになります。

特に、文字列処理関数としてsprintfが出てくる点が大きなポイントです。
sprintfは文字列処理に非常に便利な関数なのに、なぜかCの入門書にはほとんど触れられていないですからね。
初めてCの勉強をしていたときは、sprintfを知らないせいでクソ面倒くさい文字列処理をしていました。
今思い出しても恥ずかしいレベルのプログラムです。

それと、ソースファイルの分割についての説明がしっかりと述べられているのが印象的でした。
インクルードガードの説明は入門書だとほとんど書いてないですからね。
インクルードガードすら知らない状態では、まともな分割コンパイルができないですし。

初心者や、初心者を指導する人にはお勧めなので、気が向いたら読んでみてください。
苦しんで覚えるC言語
関連記事
関連するタグ PCC,C++プログラミング
[ 2015/12/12 01:47 ] PC C, C++ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

キロス

Author:キロス
ゲームやTCG、その他日常生活で気になった事の話をします。
主にFFの話をするつもりですが、色々なネタを書くと思います。

検索フォーム
全記事表示リンク