キロスのゲーム日記

ゲーム、TCGなど趣味の話

数か月ぶりのFF12 魔神竜討伐

以前、グランドアーマーを取得して何体かモブを討伐してから、えらく久しぶりにFF12をやりました。

ちなみに、手動コマンド入力禁止の縛りはちゃんと継続しています。

なお、詰んでいたのではなく、単に面倒くさくなって星をみるひとやFFRKやFF5をやっていたせいです。
星をみるひとの方が面倒くさいだろっていうツッコミは無しです。

いい加減FF12を片づけて、正月休みに購入したFFレジェンズ光と闇の戦士(スマホ版)を本格的に進めたいので再開しました。
FFレジェンズ光と闇の戦士はガラケーとandroidとiPhoneで大好評配信中!!
ソシャゲなんてやってないで、みんな今すぐインストールするんだ!!
(ステマではなくダイレクトマーケティング)

閑話休題、数か月前のプレイの記憶では、モブ討伐でギルガメッシュやキングベヒーモスはそれなりに苦労しましたが、詳しい記事をかけるほど覚えていないので、軽い話だけにとどめます。
まず、ギルガメッシュ戦では、全ての源氏装備を盗むための合理的なガンビットが組めなかったので、デコイを掛けた盾役は耐久しながらひたすら盗み続けるガンビットで、アタッカーは源氏装備を盗む前にギルガメッシュがモードチェンジしないようにあえて火力を落としていた記憶があります。

キングベヒーモスは敵対心の蓄積に応じて交互に物理無効と魔法無効の状態に変化する厄介な敵でした。
普通に戦う分にはタイミングを見てアレイズを敵にかけたりして敵対心を操作すれば簡単に戦えますが、ガンビットだけで上手く対応するのは面倒でした。
しかし、キングベヒーモスがオプションの被ダメージ返しを所持していることから、
バッシュに 1.アーシェ→ケアル 2.敵一体→たたかう
アーシェに 1.バッシュ→ケアル 2.敵一体→ショック
というガンビットを組み込んで、魔法無効ならアーシェのショックが無効化されてダメージを受けなくなりバッシュが物理攻撃を開始、物理無効ならバッシュのたたかうが無効化されてダメージを受けなくなりアーシェが魔法攻撃を開始、というガンビットを組み込みました。
細かいところは覚えていませんが、後は盾役がデコイとリバースで耐えれば時間はかかりましたが楽勝でした。


とまぁ、こんな感じでヤズマット以外のモブを討伐し、残すは召喚獣のアルテマ、ゾディアーク、ボスの魔神竜、オメガmk.Ⅻ、リスキーモブのヤズマットの5体の状態で放置していました。

数か月ぶりなので、リハビリがてら比較的倒しやすい魔神竜を討伐することにしました。


まず、各キャラの装備とガンビットは以下のようになります。



ヴァン : 盾役

・装備
武器 : ユークリッド定規
盾 : イージスの盾
頭 : デュエルマスク
体 : グランドアーマー
アクセサリ : パワーリスト

・ガンビット
1.味方1人 → アレイズ
2.味方1人 → フェニックスの尾
3.味方1人 → ストナ
4.味方1人 → 金の針
5.自分自身 → バブル
6.自分自身 → プロテス
7.敵一体 → デスエル
8.アーシェ → フェイス
9.もしMP>70%なら → バランス
10.MP<10%の自分 → チャージ
11.「逆転」の自分 → たたかう
12.敵一体 → たたかう



バッシュ : 物理アタッカー
・装備
武器 : 最強の矛
頭 : 白の仮面
体 : グランドアーマー
アクセサリ : パワーリスト

・ガンビット
1.味方1人 → アレイズ
2.味方1人 → フェニックスの尾
3.味方1人 → ストナ
4.味方1人 → 金の針
5.敵一体 → たたかう



アーシェ : 補助+サブアタッカー
・装備
武器 : フォーマルハウト
弾 : ナパームショット
頭 : 白の仮面
体 : グランドアーマー
アクセサリ : パワーリスト

・ガンビット
1.味方1人 → アレイズ
2.ヴァン → デコイ
3.ヴァン → リバース
4.「瀕死」の自分 → ケアルダ
5.敵一体 → オイル
6.バッシュ → バーサク
7.自分自身 → ケアルダ
8.バッシュ → ケアルダ
9.もしMP>50%なら → ファイガ
10.もしMP>30%なら → たたかう
11.バッシュ → アスピル
12.MP<10%の自分 → チャージ




基本戦略は、盾役のヴァンにデコイとリバースを維持し続けて、バッシュがバーサクで殴り続けるいつもの戦略です。

前提条件として、デコイとリバースは継続時間が短いため、定期的にかけ直す必要があります。
しかし、デコイもリバースも基本命中率が低く、もしも外してしまい盾役のデコイとリバースに隙が生じると、その間に戦線が崩壊してしまう危険性があります。
そこで、魔力を十分に高めるかオプションのHP満タン魔力upを発動させるかフェイス状態になるという方法で命中率を100%にする必要があります。

また、リバースの維持は非常にMPの消費が激しいので、どうにかしてMPを回収する必要があります。
最悪、技のチャージ連打でも何とかなりますが、そうすると補助役はリバースとチャージを交互に使う以外に身動きが取れなくなってしまい、もしもの時に戦線が崩壊する危険が生じます。
そこで、加ダメージチャージや被ダメージチャージなどのオプションで効率よくMPを回収する必要があります。
今回は、バッシュがバーサク状態でひたすらに殴り続けてMPを回収し、そのMPをアスピルで吸収して補助に回します。

盾役さえしっかり攻撃を引き付けていれば、バッシュが自由に攻撃できるので、ダメージ効率もMP回収効率も向上して安定感が増します。


では、細かい説明に入ります。

まずは装備の説明から。

魔神竜が定期的に使ってくるジャッジメントはストップの追加効果付きの聖属性大ダメージ全体攻撃なので、全員にストップ無効のパワーリストを付け、ヴァンはリバースでバッシュとアーシェは白の仮面で吸収できるようにしています。
全員にパワーリストを付けるのは無駄な気もしますが、魔神竜自体はたいして強くないために、他につけたいアクセサリもないので、まあいいかって感じです。
ちなみに、ストップは囮状態を解除してしまうので、盾役には相性最悪な状態異常です。

また、魔神竜は回避無視を持っているので物理攻撃は回避不能ですが、終盤で連打してくる魔法攻撃は回避可能なため、ヴァンはイージスの盾で回避します。
盾回避率upのオプションがあれば、魔法攻撃の回避率は65%にも達します。
そのため、ヴァンの魔法防御はそこまで必要ないので、デュエルマスクで最大HPを上げておきます。

しかし、魔神竜の物理攻撃はそれなりに強いので、盾役が即死効果などで事故死した時に備えて、盾役を含めた全員にグランドアーマーを装備させています。
しかし、ヴァンが事故死しても、連続攻撃で敵対心を溜め込むバッシュが狙われてアーシェはほとんど攻撃を受ける機会がないので、アーシェには魔法の効果を高めるために源氏の鎧を装備させた方が良かったと思います。


武器に関しては、ヴァンは後述のようにリバース状態の自分を叩き続けてバブルを維持するためのユークリッド定規を、バッシュは最高火力の最強の矛を、アーシェはMPが怪しくなってきたときに魔法攻撃から切り替えて遠隔攻撃ができるように銃を持たせておきます。
魔神竜は炎属性を半減しますが、オイルが有効で差し引き1.5倍の効果が発揮できるので、銃にはナパームショットを装填します。



次に、ガンビットの説明をしていきます。

とりあえず、全員にセットしているアレイズとストナですが、これは即死効果による事故死やペトロブレスによる石化者が出たときのためです。
しかし、石化中の影響はほとんどないので、ストナはもっと優先度の低いところにセットしてよかったと思います。


ヴァンのガンビットは以下の目的で付けています。
まず、前提として、ヴァンはアーシェからデコイとリバースを維持してもらいます。
しかし、リバースの切れ目でタイミング悪く連撃が飛んできても耐えられるように、バブルとプロテスもかけておきます。

基本的にガンビットではステータス変化魔法は効果が切れてからかけ直すため、効果の切れ目ができないように上書きし続けることができません。
そこで、ユークリッド定規は追加効果でバブルが発生することと、自分を殴るという行為はガンビットで無限に使えることを使って、ヴァンにはリバース状態になった自分を殴り続けてもらってバブルを上書きし続けて効果の切れ目ができないようにします。

また、アーシェへのフェイスは、アーシェのMPの負担を軽減する目的と、オートランでアーシェと近すぎず遠すぎずの距離を調整するためにつけています。
あと一応、デコイが切れたときに盾役に攻撃が集まるように、敵対心稼ぐ目的でバランスを使うガンビットが組み込まれていますが、バッシュの超高速連打の方がはるかに敵対心を稼いでいて、デコイがないと全然ターゲットを固定できなかったので意味がなかったです。
おとなしくユークリッド定規で自分を殴っていた方が安定したと思います。


バッシュのガンビットは、普段はアーシェにバーサクを掛けてもらって正気に戻った時に戦線崩壊していたら味方を復活させるだけで、あとはひたすらに殴り続けます。


アーシェのガンビットは、
とにかくヴァンにデコイとリバースを掛けるとこを優先し、後は味方の回復と補助を適当にこなします。
ヴァンはリバース状態のために回復魔法をかけてはならないという条件でバッシュのHPを回復するために、バッシュ→ケアルダという無理のあるガンビットを組んでいますが、デコイの切れ目以外ではバッシュに攻撃が届かないので、意外と無駄なく仕事をしていました。
また、自身にケアルダを使い続けるのは、HP満タン魔力upを発動させてデコイとリバースを確定させるためです。
あと、暇なときはオイルで弱体化した魔神竜にファイガとナパームショットで攻撃します。
わざわざファイガとたたかうを使い分けるのは、ファイガでMPを消耗し続けると、魔神竜が被ダメージカットのオプションを得た後はバッシュの加ダメージチャージによるMP回収が間に合わなくなり、アスピルで吸えなくなることを防ぐためです。
最後にセットしてあるチャージは不要でした。



最後に、戦闘中の立ち回りですが、基本的に戦闘キャラが一か所に固まらないように適当にヴァンとアーシェを動かすだけです。
そうすれば、囮状態が継続している間はヴァンしかダメージを受けなくなります。

実際に戦ってみたところ、通常攻撃についている5%の即死効果が3連続で発動し、戦線崩壊しかけた時以外は、大体安定していました。
まぁ、最強の矛があって、グランドアーマーも人数分あれば、そうそう苦労する相手でないですからね。
真の敵はヤズマットですよ。

それにしても、ちゃんとまともに戦略を練って戦闘したのは初めてな気がします。

次:コマンド入力禁止FF12 オメガmk.Ⅻ討伐
前:久しぶりのFF12 グランドアーマー入手
最初:FF12をプレイ中
関連記事
関連するタグ FF12プレイ日記FFゲームFF12手動コマンド入力縛り
[ 2016/01/19 02:43 ] ゲーム FF12 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

キロス

Author:キロス
ゲームやTCG、その他日常生活で気になった事の話をします。
主にFFの話をするつもりですが、色々なネタを書くと思います。

検索フォーム
全記事表示リンク