キロスのゲーム日記

ゲーム、TCGなど趣味の話

FF12について

FF12のプレイ日記を書いているのにゲーム自体の紹介をしていなかったので、記事のネタがないタイミングで紹介しておこうと思います。

FF12は2006年3月16日にスクエニから発売されたRPGになります。
FF12はPS2最後のFFであり、オフラインのFFでは初のシームレスバトルで広大なマップを自由に探索しながら戦闘を行うシステムは当時はかなり話題になりました。


まずは世界観の紹介を行いたいと思います。

FF12はFFタクティクスシリーズのイヴァリースという世界観を引き継いであります。
時間軸としてはタクティクスよりもずっと昔の、飛空艇などの技術が存在していた時代になります。

シナリオは帝国軍に支配されたラバナスタの市民ヴァンとパンネロ、自由人ながらも帝国と因縁のあるバルフレアとフラン、ラバナスタ王族のアーシェと将軍のバッシュが帝国からラバナスタを開放するために戦うというものです。
旅の中で、消えてしまった人や故郷に振り回されながらも各自が自分自身の過去と向き合い決着をつけるという成長物語が楽しめます。
その過程で、世界を裏から操作する存在を知り、帝国のヴェインとシドの真の目的を知り、最終的にはラバナスタのためにも自分自身のためにも何をするか決心していきます。

イヴァリースを舞台とした世界観は作りこまれていいながらも、シナリオ中で世界観について解説されることはあまりありません。
せいぜい飛空艇やミストや破魔石くらいです。

イヴァリースの世界について知るには受け身の姿勢ではなく、自分から多数の町の人たちに話しかけたり、敵を倒してクランレポートのハントカタログを開放して、自分から世界を知ろうとする必要があります。
このために、メインシナリオのみを進め、クランレポートを読み込むことや町の人たちに頻繁に話しかけることをしないプレイでは、イヴァリースという世界をほとんど理解できないために、シナリオの理解もままならなくなるという問題があります。

例えば、空には多数の高性能な飛空艇が飛んでいながらも、地上では車などの交通機関はほとんど用いられておらず、いまだにチョコボが使われています。
これは、地上には金属を腐食させる「ミミック菌」が存在しており、地上では交通機関を維持することが困難であるためです。
この、「ミミック菌」はメインシナリオ中には一切解説されません。
特定の敵を倒すことでクランレポートのハントカタログにミミック菌に関する記事が追加されます。

この様なことはイヴァリースでは常識的なことがらのために、ゲーム中で逐次説明するようなことはしないのだと思います。
ヴァンが毎回毎回「それって何?」と聞いていたら、ただのアホの子になってしまいますからね。
その点、FF9のビビのような生まれて間もないキャラやFF10のティーダのような異邦人がパーティメンバーに存在すると逐次解説が行われても不自然ではないので、世界観の説明をシナリオ中に組み込めていいですね。

このために、世界中を探索することが好きな人は探索しながらいろいろな様々な情報に触れつつイヴァリースという世界を堪能できるんですが、探索が面倒な人は置いてけぼりになってしまいます。

この手の問題は最近のスクエニのゲームに多いような気がします。
FF13もクリップを読んでいかないと設定が全く分かりませんし。


次にシステム面の紹介に入ります。

システム的にはオンラインのFF11をオフラインに焼き直したような作りになっており、オフラインのナンバリングFFの中では唯一エンカウントシステムではなくシームレスバトルになっています。

リアルタイムでアクションを実行するシームレスバトルのために、コマンド入力を補助するガンビットというシステムが導入されており、戦闘をプログラミングのように組み立てる楽しさがあります。

このために、FF12の戦闘はそれ以前のFFとは全く異なったものになっています。

しかし、ガンビットは予備情報がないと組みにくいことや、最新の装備や魔法を全て購入するには明らかに資金が足りないこと、装備や魔法を使うためにはライセンスが必要であるが取得のためのライセンスポイントが不足気味であること、ライセンスボードのどこに必要なライセンスがあるかわからないなど、戦闘面に不満を感じる人は多いようです。
これらを解決するためには単調な稼ぎが必要になってしまします。

おそらく開発側が想定した進め方は、宝箱からランダムに手に入る格上の武器防具を主力にしながら不足分を限られた資金を用いて購入し、戦闘では役割分担をすることで限られた資源を有効活用するという、「資源の運用」を行うことが前提にされていると思われますが、そのような進め方をしている人はほとんどいないので戦闘面では不満が多いのが現実です。

「資源の運用」のための役割分担を行うには、盾役が攻撃を一手に引き受けて非ダメージを抑えつつ、手の空いたアタッカーが効率よくダメージを与える必要があります。
しかし、盾役に攻撃を集中させるための「敵対心」というシステムがアルティマニアにすら詳しくは記載されていないために、役割分担の方法自体が知られていいないのが残念です。
詳しく知りたい人は「FF12 敵対心」でググってみてください。


この様に、FF12は世界観やシステムに対して全体的にプレイヤー側が考えてゲームを構築するという作りになっています。
そのために、ただクリアを目指すだけのプレイヤーからするとだだっ広いマップを長々と移動して、新しい街についたら装備を整えるために淡々と稼ぎをして、単調なシナリオを聞くだけのつまらないゲームになってしまいます。
そのために、FF12を本当に楽しみたい人は150時間くらいじっくりプレイしてと世界中を隅々まで探索して欲しいと思います。
そのためには、アルティマニアの購入をおすすめします。
むしろアルティマニアはFF12を楽しむための前提条件だと思っています。
さらにネットで敵対心について調べれば完璧です。



すでにFF12をプレイ済みだがライセンスや装備関連が面倒くさかったり、時間のかかる移動が面倒くさいと感じた人にはインターナショナル版をおすすめします。
インターナショナル版では旧FFのように12個のジョブが導入されており、ジョブに応じてライセンスボードが再構築されています。
例えば、ナイトは剣や騎士剣と重装備に関連するライセンスが配置されており、白魔導士には白魔法と魔装備に関連するライセンスが配置されているという感じです。
そのために、自然と必要なライセンスだけが取得でき、ライセンスポイント不足に陥りにくいというメリットがあります。
さらに、倍速モードが実装されており、広いマップも短時間でサクサクと移動できます。
戦闘も高速になりますが、ガンビットさえしっかりと組めていれば問題なくこなせるため、全体的に攻略に対するストレスが減ります。
ついでに、ボイスも英語で収録しなおしているので、ヴァンの滑舌の悪さに困ることもありません。


がっつりFF12の世界を堪能したい人はオリジナル版を、サクサクとFF12を楽しみたい人はインターナショナル版をプレイすることをお勧めします。
関連記事
関連するタグ FF12ゲーム紹介ゲームFF
[ 2014/11/12 03:01 ] ゲーム FF12 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

キロス

Author:キロス
ゲームやTCG、その他日常生活で気になった事の話をします。
主にFFの話をするつもりですが、色々なネタを書くと思います。

検索フォーム
全記事表示リンク