キロスのゲーム日記

ゲーム、TCGなど趣味の話

仙台BCFに行ってきた

まひるデッキを使うために、仙台まで行ってきました。

なお、基本的にヴァイスの大会で使うハンドルネームはキロスではありません。
まぁ、FFが由来というのは共通ですが。

使ってきたのはこんな感じのデッキです。

種類 レベル/コスト カード名 枚数
CH 0/0 付属1年生まひる 4
CH 0/0 小鳥遊まひる 3
CH 0/0 大切なことさくら 4
CH 0/0 居るべき場所へさくら 4
CH 1/0 帰ってきたカノジョまひる 4
CH 1/0 おばけは苦手まひる 2
CH 1/0 ”正義の魔法使い”由姫 3
CH 1/0 キュートで元気さくら 3
CH 1/1 約束のあの場所へさくら 4
CH 2/1 クリスマスの思い出まひる 2
CH 2/1 大切な待ち合わせまひる 3
CH 2/1 たとえ好きな恋人まひる 2
CH 3/2 みんなの幸せまひる 4
CX -/- へーよーぶらざー 4
CX -/- 友達の証 4


基本は、昔書いた魔法入りまひるデッキと同じですが、色々と無駄を省いて調整しました。

まず、ソウルを上げて戦うデッキの割に、CXが弱くてダメージレースで負けるので、助太刀を追加して面を開けさせてダメージを高めることを優先するようにしました。

後は、レベル3でみんなの幸せまひるを並べることを優先して、ストックを温存しやすいように、レベル2を削りました。
どうせレベル2で大量展開しても、3000助太刀を握っていないとキャラが帰ってきませんし、3000助太刀なんて使ったら本当にストックがなくなりますし。

また、昔の構築でへーよーぶらざーが3枚だった理由は、プレイヤー(自分自身)が屑運のせいでCXを手札に引き込みやすいため、3枚でも十分というオカルトな理由でしたので、冷静になって4枚にしました。


ちなみに、大会で使うため、ファンデッキだから負けていいという言い訳はできませんので、割と本気でまひるデッキで勝つための構築にしています。
まぁ、まひるの割合がだいぶ低いので、これをまひるデッキと言えるかどうかは意見が割れそうですが。
たとえ話の思い出ギミックとへーよーぶらざーのサーチを使えば、ぎりぎりまひるデッキだと言い張れるという自己解釈です。

ちなみに、まひるで勝つだけなら、魔法デッキあたりにLv3まひるをピン差しして、扉で回収して最後にLv3まひるで殴るのが最適解だと思いますが、それはまひるデッキではないのでやめました。


肝心の仙台BCFですが、もちろんネオスタンはまひるデッキで参戦しました。
戦績は、1勝1敗でした。
寝不足のためか、どんな戦いだったのか全く覚えていないので、詳細は省きます。

フリーもまひるデッキで回っていましたが、3勝1敗とまずまずの好成績でした。

対戦したいただいた方々はありがとうございました。
特に、フリーで最初に戦ったファントムデッキとの対戦は楽しかったです。

やはり、まひるのことを知っている人と戦うのは楽しいです。


後は、まひるのスリーブの発売を待つだけです!!
ブシロードさん、よろしくお願いします!!!!
関連記事
関連するタグ TCGヴァイスシュヴァルツD.C.デッキ紹介
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

キロス

Author:キロス
ゲームやTCG、その他日常生活で気になった事の話をします。
主にFFの話をするつもりですが、色々なネタを書くと思います。

検索フォーム
全記事表示リンク