キロスのゲーム日記

ゲーム、TCGなど趣味の話

ツイッターで見かけた「D.S. & D.C.」の新規カード

ツイッターでD.S.&D.C.の新規カードに関する情報を見ました。



DS/W46-068
カード名:常夏の楽園 天
カテゴリ:キャラクター
色:青
レベル:1 コスト:0 トリガー:0
パワー:4500 ソウル:1
特徴:《風南島》・《科学》

【自】[手札を1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「楽園システム」を1枚選び、手札に戻す。
【自】記憶 このカードがアタックした時、あなたの思い出置場にカードがあるなら、そのターン中、このカードのパワーを+X。Xはあなたの《風南島》のキャラの枚数×500に等しい。

見た目だけじゃなくてですね。島での生活も、全部ぜーんぶひっくるめて、楽園なんです!

レアリティ:C



天の特徴は《科学》になったようですね。
D.C.との混合は難しそうです。

条件はありますが、パワー7000でアタックできる優秀なアタッカーです。
死に際に回収できる「楽園システム」は、どんなカードなんですかね。
多分イベントだと思います。


DC3/W46-103
カード名:一つ傘の下 すもも
カテゴリ:キャラクター
色:青
レベル:0 コスト:0 トリガー:0
パワー:500 ソウル:1
特徴:《委員長》・《演劇》

【自】応援 このカードの前のあなたのレベル0以下のキャラすべてに、パワーを+1000。
【起】[②あなたのキャラを2枚レストする] あなたは自分の山札を上から2枚まで見て、カードを1枚まで選び、手札に加え、残りのカードを控え室に置く。

なら、貴重な体験、ということね

レアリティ:U



パワーパンプもドローもどちらも便利ですが、メジャーな特徴ではないので、採用できるデッキが限られます。

しかし、特徴《委員長》は、まひるデッキでの活躍が期待できます。
ただ、これを採用すると0/0純応援の「付属1年生まひる」の採用が厳しくなるのが辛いです。


DS/W46-017
カード名:風南学園の生徒会長 遥月
カテゴリ:キャラクター
色:緑
レベル:0 コスト:0 トリガー:0
パワー:500 ソウル:1
特徴:《風南島》・《生徒会》

【永】あなたのストックが5枚以上なら、他のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
【起】集中 [①このカードをレストする]あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、次の行動を行う。「あなたは自分のクロックを1枚を選び、手札に戻し、自分の山札の上から1枚をクロック置場に置く。」

ここは…こう…

レアリティ:R



D.S.のカードですが、特徴《生徒会》のために、D.C.との混合でも活躍できます。
しかも、「生徒会長」ネーム持ちなので、監督生リッカでサーチできます。
D.C.では生徒会にアド集中が存在していなかったので、安定感が格段に上がりそうです。


DC3/W46-087
カード名:図書館の中で 四季
カテゴリ:キャラクター
色:緑
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《魔法》・《人形》

【永】他のあなたのレベル3以上のキャラがいるなら、このカードのパワーを+2000。
【自】相手のターン中、あなたの受けたダメージがキャンセルされなかったとき、前列にこのカードがいるなら、あなたは自分の山札を上から1枚見て、山札の上か控え室に置く。

魔法の本、というよりは魔法を扱った童話や伝説などの分類をする本ですよ

レアリティ:U



《魔法》、レベル3、耐久効果。
これは姫乃早出しで使えということですね。

姫乃デッキでよく使われていた「恋する魔法 アイシア」は、姫乃の効果で出すとCIP回復を使用できないので、こちらの四季の方が相性が良さそうです。
仮に、前列にこのカードを3枚並べれる事ができれば、ダメージを受けるごとに3枚圧縮できますので、鉄壁になります。
姫乃では圧縮が難しいので、非常に噛み合っていると思います。


あと、BOX特典の「小川で遊ぼう!」と「ホラーは苦手」の再録はD.S.のイラストになるようです。
未だに現役のイベントなので、再録はありがたいですね。


D.S.&D.C.新規カードまとめ
関連記事
関連するタグ TCGヴァイスシュヴァルツD.C.D.S.新規カード紹介
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

キロス

Author:キロス
ゲームやTCG、その他日常生活で気になった事の話をします。
主にFFの話をするつもりですが、色々なネタを書くと思います。

検索フォーム
全記事表示リンク