キロスのゲーム日記

ゲーム、TCGなど趣味の話

FFTCG復活

去年、実質終了したFFTCGですが、多言語版で国際展開するついでに、日本語版である『FINAL FANTASY Trading Cardgame Opus I 日本語版』の発売も決まりました。
結構前から決まっていたのですが、ヴァイスの記事に埋もれるのでFFTCGには触れないでいました。

FFTCGがどんなゲームなのか知らない人は、下記の解説動画を見てください。



というわけで、ちょっとFFTCGについて語りたいと思います。

最近のTCGはルールの簡略化のために、相手ターンに行動する手段が非常に少なかったり、ルール上相手の行動に干渉できなかったりして、駆け引きが少ないものが多いです。

一方でFFTCGにはMtGで言うところのインスタントに相当するものがあり、相手の行動をどうやって妨害するかなどの駆け引きが行えます。

正直言って、ゲーム性はヴァイスよりも高いです。

また、カードの効果で原作再現を行ったりと、開発陣のやる気も相当感じられます。


しかし、なぜかFFTCGは一般向けの広報をほとんど行わないために、存在自体が知れ渡っていません。

また、2013年冬に折角FF10リマスターが出るというのに、そこには合わせずに旬が過ぎた半年後にFF10のエントリーデッキを発売したりと、そもそもFFユーザーに売る気が無いんじゃないかと思われる売り出し方をしていました。

そのため、圧倒的なユーザー不足で一時的に終了してしまいました。

なお、近くで大会をやっていないなどの問題もあり、私は4年間で対人戦を一桁台しかしていないと思います。

FFならお金はありそうなので、ブシロード並みにCMを出しまくればいいと思うんですがね。

今回は前回の憂き目に合わないように期待しています。


余談ですが、解説動画で使用しているFF6のパッケージ絵のプレイマットは今も昔も入手困難なので、是非とも再販してほしいです。
関連記事
関連するタグ TCGFFTCG
[ 2016/10/30 01:51 ] TCG その他のTCG | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

キロス

Author:キロス
ゲームやTCG、その他日常生活で気になった事の話をします。
主にFFの話をするつもりですが、色々なネタを書くと思います。

検索フォーム
全記事表示リンク