キロスのゲーム日記

ゲーム、TCGなど趣味の話

FF5のバーサーカー縛りをやってた

このブログを開設する直前まで、PS版のFF5でバーサーカー縛りをやっていました。

FF5は多彩な特性を持ったジョブから戦闘で使うジョブを選択し、多彩なアビリティから一つ選択してセットすることができますが、バーサーカー縛りとは、常にバーサク状態で一切のコマンド入力ができないバーサーカーを使ってクリアするというものです。
具体的には、シナリオ攻略は全てバーサーカーで行い、第二世界のギルガメのような必須ではない強敵もすべて倒すことを目的にしました。

ただし、稼ぎを行うときは、他のジョブを使ってもOKにしていました。
というか、他のジョブのアビリティをセットしないとクリアは不可能だと思うので、これは必須です。

バーサーカー縛りはきついという話は前々から聞いていたのですが、元々それなりに予備知識があったので、なんとかなるだろうと思って軽い気持ちで始めましたが、途中で後悔しました。
ニコ動のとある人のように一人旅みたいな追加縛りはなしでやりましたが、実際かなりきつかったです。

第一世界のサンドウォームでさっそく心が折れそうになりました。
あなじゃなくて、本体に攻撃当れよ・・・

第二世界のギルガメもあきらめようかと思いました。
ゾンビは偉大でした。

そして、第三世界はことあるごとに心をへし折られそうになりました。
ネクロフォビア、ゴゴ、神竜、オメガ、ネオエクスデス
戦闘不能ゾンビと左手ダンシングの存在を知らなかったらオメガ討伐は無理。
最終的に、妥協して結構レベル上げをしてしまいました。


実際にやってみて感じたことを適当に書いていこうと思います。


まずは、バーサーカーのスペックですが、

ジョブ特性:バーサク

基本能力値
力:45  素早さ:15  体力:49  魔力:1

装備可能武器:短剣、斧、ハンマー
装備可能防具:盾、兜、軽装鎧、鎧、小手

になります。
実際のパラメータは、この値に各キャラごとの補正値(+0~+4)が加わった値になります。
注目すべきは非常に高い力と体力、そしてゴミのような素早さと魔力です。


通常プレイだとほとんど装備する機会のない斧とハンマーが主力武器になります。
斧とハンマーは攻撃対象の防御力を1/4にしてダメージを算出する特性があるので、第一世界のガルキマセラやプロトタイプにも普通にダメージが通るほどの破壊力があります。
さらに、乱数によって最大で攻撃力が1.5倍になるため、常時バーサクと合わせて圧倒的な火力を誇ります。

しかし、斧とハンマーは命中率が低く、乱数によって最悪で攻撃力が半減してしまうため、安定感は全くありません。

調子がいいと格上の雑魚敵も軽々葬り去れますが、運が悪いと序盤の雑魚的相手に無駄に時間を浪費してしまうこともあります。

ところで、Wikipediaを含めた一部のサイトにはSFC版及びPS版ではバトルメンバーが全てバーサーカーの場合には逃走が不可能になると記載されているのですが、私がプレイしたPS版では普通に逃走できました。
ネットの情報が間違っているのか、私が所持しているソフトがイレギュラーなのか、どっちなんですかね。
PS版の逃走の挙動について確認できる人がいたらコメントに書いてもらえると嬉しいです。


次に、実際の攻略で重宝したアビリティを紹介します。


ナイト レベル3 「両手持ち」 必要ABP90

盾が装備できなくなりますが、斧とハンマーによるたたかうのダメージ量が2倍になります。
バーサーカー縛り最初のボスである、リクイドフレイム戦で大活躍します。
ほのおを4回くらうとほぼ確定で全滅するので、むしろこれがないと、かなりの運ゲーになるので必須クラスです。
長くお世話になるので、火力船に突入する前に習得してしまう方が色々と楽です。


忍者 レベル5 「にとうりゅう」 必要ABP690

オメガを倒すつもりならば、先人によって発明された左手ダンシングを実行するために必須になります。
クリアだけならなくてもいいと思います。


狩人 レベル3 「ゆみやそうび」 必要ABP195

今回の縛りプレイでのMVPアビリティ筆頭候補です。

狩人と同時に購入可能になる3属性の弓矢や、バーサーカーでもみだれうちが発動する疾風の弓矢が使用可能になるので、非常に便利です。
3属性弓矢はゾンビと属性吸収装備による自動HP回復を行う際にも使用するので、特に有用です。
ラスボス戦でも使ってました。

バーサーカーはターゲット指定が不可能なので、斧だと勝手に後列に攻撃してダメージが半減することが頻発しますが、遠隔武器の弓矢なら常に最大のダメージになります。

さらに、セットするとパラメータに補正がかかり、素早さが狩人と同じ36まで上昇するので、手数を増やしたいときにも有効です。
バーサーカーは素早さがゴミなので、特にセットするものがないときには、弓を装備しなくても補正のためだけに付ける価値があるほどです。

装備品を追加するアビリティの中ではABPが低い方なので、狩人を入手したらジャコールの洞窟あたりでABPを稼いで習得してしまうと便利です。
というか、直後のサンドウォーム戦で大活躍します。

ただし、若干命中率が低いので、そこには注意が必要です。


時魔導士 レベル7 「ロッドそうび」 必要ABP530

力の杖で全てを知るものを黙らせて、リターンを封じる際に必要になります。
メイジマッシャーによる沈黙を期待する手もありますが、ものすごく手間がかかるそうなので、おとなしくロッド装備を習得することをお勧めします。
こちらも、クリアだけなら不要です。


魔獣使い レベル3 「むちそうび」 必要ABP160

鞭の追加効果の麻痺が非常に便利です。
遠隔武器なので、後列相手にもダメージが減らないので攻防一帯の装備になります。
神竜から竜の髭を盗んだ後は主力になります。


踊り子 レベル3 「リボンそうび」 必要ABP400

人間種族に特効のマンイーターを装備できるようになるので、殴り合ってゴゴを倒すときには有効です。
早めに覚えておくと、リボンによる耐性を得られるので、何かと便利です。


そのうちに、苦労したボスの詳細についてもまとめると思います。


次:FF5のバーサーカー縛りをやってた その2
関連記事
関連するタグ FF5ゲームFFプレイ日記縛りプレイFF5バーサーカー縛り
[ 2014/11/24 03:48 ] ゲーム FF5 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

キロス

Author:キロス
ゲームやTCG、その他日常生活で気になった事の話をします。
主にFFの話をするつもりですが、色々なネタを書くと思います。

検索フォーム
全記事表示リンク