キロスのゲーム日記

ゲーム、TCGなど趣味の話

FF5のバーサーカー縛りをやってた その4

前回で第二世界の出来事まで書き終わったので、ついに第三世界の話に入ります。

第三世界はちょくちょく心が折れそうになりました。

神竜とかゴゴとかオメガとかネオエクスデスとか・・・


というわけで、実際に進めた順番に書いていきます。


・アントリオン戦

さほどHPが高くなく、驚異的な攻撃もしてこないので雑魚でした。

しかし、怪音波でレベルを下げてくるため、無駄に戦闘時間がかかって鬱陶しかったです。


・古代図書館に移動後

本来ならば、直後にピラミッドに向かう場面ですが、テレポバグで一旦蜃気楼の町に向かってエルメスの靴を人数分買っておきました。

常時ヘイストの効果で鈍足のバーサーカーがサクサク行動してくれるので、非常に便利です。

さらに、盗賊のナイフを入手できるので、その気になればバーサーカーでもボスからアイテムを盗めるようになります。


・ダンジョン ピラミッド

ピラミッドでは宝箱とブランドラミアのレア盗みでいばらの冠が手に入ります。

いばらの冠は、装備すると魔力が5減少するのですが、SFC版とPS版では魔力が0未満になるとオーバーフローして実質魔力99になるというバグがあります。

このバグを利用すると、追加効果で魔法が発動する系の武器が異常に強くなります。
具体的には、ピラミッド内及び蜃気楼の町で入手可能な大地のハンマーの地震によるダメージ量が600くらいから2000くらいまで上昇します。

さらに、大地のハンマーはなぜか遠隔武器で後列でもダメージが減少しないので、今後の主力武器になります。

ちなみに、この魔力のオーバーフローはアンダーフローと勘違いされることがたまにありますが、8bit符号なし整数で表現できる0~255の範囲を超えて魔力がマイナスになってしまい、内部的に数値が255に戻るという現象なので、アンダーフローではなくオーバーフローなのでご注意ください。


・メリュジーヌ戦

属性耐性が強いので、大地のハンマーだと地震が無駄になります。
さらに、防御力がめちゃくちゃ高いため、普通の武器ではなかなかダメージが通りません。

そこで、防御無視の乱れ撃ちが発動する疾風の弓矢で攻撃していました。

ガ系魔法以外は怖くないので、リフレクトリングで守りを固めていれば、楽勝でした。


・飛空艇入手後

ラストダンジョンには強力な装備が大量に入手できるので、先にラストダンジョンに向かいました。


・カロフィステリ戦

リフレクトリングを装備していれば全く無害なので、特に問題ありません。


・アパンダ戦

事前に聞いていた話では、カウンターのプロテスとドレインのせいでダメージを与えにくく、通常行動のかまいたちが脅威になる強敵と聞いていたのですが、魔力オーバーフローの両手持ち大地のハンマーで叩いていたら、あっさり倒せました。

運が良かっただけなんですかね?


・アポカリョープス戦

リフレクトリングで守りを固めれば、全く脅威ではありませんが、レア盗みで巨人の小手が入手できます。
ここでしか手に入らないため、欲しい人は頑張ってください。

バーサーカー縛りの場合には盗賊のナイフで盗まないといけない上に、通常枠を盗んでしまった場合にリターンが使えないので、かなり鬼畜になります。
アイテムコンプは目的でなかったので、私は諦めました。


・カタストロフィー戦

事前のレビテトとリフレクトリングで必勝。


・ハリカルナッソス戦

即死ダメージのホーリーなど強力な攻撃をして来ますが、HPは33333とレベルを自重していないバーサーカー相手には物足りないので、ごり押ししました。
初手のクルルルル!対策に、全員をカエルにして、両手持ち大地のハンマーで叩き潰すだけの簡単なお仕事でした。


・ツインタニア戦

強さとかそんなことよりも、ギガフレア準備中以外でのレアドロップでティンカーベルが入手できることが重要なツインタニアですが、バーサーカーはベルなんて装備できないので、ギガフレア準備中にデスシックルで即死させました。

ただし、タイダルウエイブなど攻撃が過激なので、珊瑚の指輪は必須でした。


・ギルガメッシュ 5戦目

最強の盾である源氏の盾を持っているカモですので、盗賊のナイフで盗めるまで粘る予定でしたが、奇跡的に初手で盗めたので後は叩いて追い返しました。


・ネクロフォビア戦

4体のバリアを倒さないと本体にダメージが通らないため、バリアをどうにかしないといけません。
しかし、バリアの攻撃自体がなかなか強烈で、反射フレアや反射ホーリーなどの強力な魔法を使ってきます。

さらに、バリア破壊後には本体のネクロフォビアが全体を瀕死にするハリケーンや強化物理攻撃の真空波で攻撃してくるため気が抜けません。

しかも、バリアは地属性無効のため大地のハンマーが機能せず、後ろ2体のバリアは後列判定でダメージが通りにくいため、非常に厄介です。

実際に戦った時のこちらのHPは2000前後だったため、反射ホーリーと反射フレアを2回くらうと戦闘不能or瀕死になってしまいます。

何度か戦ってみたところ、生身では勝機が見えなかったので、久しぶりにゾンビの力を借りました。

2体のゾンビにアイスブランドを持たせて属性吸収しつつ、反射魔法がゾンビに集中するのを期待しながらトールのハンマーで叩いて倒しました。


・オメガ戦

ラストダンジョンの最深部まで攻略が終わったので、ついに裏ボスに挑みます。

オメガは圧倒的な防御性能を持ち、なんと防御力190、回避95という驚異的な数値を誇ります。
このために、適当に攻撃しても全くダメージが通りません。

さらに、ダメージを与えるとロケットパンチ、マスタードボム、サークルでカウンターしてくるという徹底ぶりです。

通常の行動も殺意に満ちており、全体に即死級の炎属性ダメージであるアトミックレイや、回復しなければ2ヒットで確実に戦闘不能になる波動砲を異常な素早さで連発してきます。


疾風の弓矢などで適当に何度か戦ってみましたが、ムリゲーだったので、先人の知恵を借りました。

その名も「左手ダンシング」と「戦闘不能ゾンビ」です。


まず、左手ダンシングですが、攻撃時にランダムで踊るが発動するというダンシングナイフを用いた戦法です。

踊るが発動すると、約4倍ダメージで必中効果の剣の舞というものがランダムで発動することがあります。

剣の舞を二刀流で発動した際に、左手に装備した武器の攻撃によってダメージを与えられなかった場合にはカウンターが発動しないという謎の挙動が、とあるやりこみプレーヤーによって発見されました。

この性質を利用して、二刀流を併用して右手にはオメガの防御力を貫通できる装備を付け、左手には踊るが発動しオメガの防御にはじかれてダメージが与えられないダンシングダガーを装備することで、回避とカウンターを気にせずにダメージを与えられるという戦法が左手ダンシングです。

ただし、ダンシングダガーで踊るが発動する確率は50%で、踊るを実行した時に剣の舞が発動する確率は25%になるために、装備が完全でも結構な運ゲーになりますが、オメガに勝利する糸口になります。


次に、戦闘不能ゾンビの説明に入ります。

カウンターを除いて考えると、オメガの行動で最も厄介なのは、対象の最大HPの半分のダメージを与えスリップ状態にする波動砲になります。
この波動砲は大体2ターンに1回くらい撃ってくるので、どうにかして攻撃の合間に回復を行わないとあっという間に全滅します。

以前はゾンビを用いた回復を行っていたわけですが、通常のゾンビではゾンビ自身も攻撃対象になってしまい、回復の効率が非常に低くなってしまいます。

オメガ戦ではある程度の持久戦が必要なので、不安定な回復では絶対に勝てません。

そこで、ゾンビ状態のキャラクターに即死耐性無視のレベル5デスをヒットさせると、ゾンビ状態でありながら戦闘不能状態になるという性質を利用します。

この、戦闘不能ゾンビは自動で味方を攻撃するにも関わらず、戦闘不能扱いのために一切の攻撃対象にはなりません。

このために、属性吸収のための攻撃が生存しているキャラクターに集中して、安定してオメガと戦いつ続けることができます。


この、「左手ダンシング」と「戦闘不能ゾンビ」を使ってオメガと戦いました。

具体的には、オメガが多用してくる炎属性攻撃を吸収できるように炎の指輪を装備させ、二人のゾンビにはフレイムタン装備させました。

また、生存者の右手に装備する武器は、剣の舞が発動すれば確実にカンストダメージが叩き出せるチキンナイフと、ダメージ計算式が特殊で大ダメージが期待できるルーンアクスを起用しました。


後は、ハリケーンをくらって瀕死になってからスリップダメージで死亡という流れが起きないように祈りながら数日間粘って勝ちました。


・神竜戦

オメガを倒して満足したので、神竜は適当に竜の髭を99個盗んでから、
 竜の髭
 アイスシールド
 ダイヤの兜
 ボーンメイル
 珊瑚の指輪
で守りを固めて、レベル攻撃がヒットしないレベルに調整して、石化耐性を残存させて圧勝しました。

これだけ準備をしておけば、タイダルウエイブ、稲妻、アトミックレイ、吹雪、死のルーレット、レベル2オールド、レベル3フレア、悪魔の瞳、ポイズンブレスが無力になるので、通常攻撃くらいでしかダメージを受けなくなります。

後は通常攻撃を盾で回避することを祈っていれば楽勝でした。
しかし、アイスシールドとボーンメイルを人数分集めるのはなかなか面倒でした。


流石に書くのが面倒になってきたので、第三世界の残りのボスとエクスデス戦はまた今度書きます。


次:FF5のバーサーカー縛りをやってた その5
前:FF5のバーサーカー縛りをやってた その3
最初:FF5のバーサーカー縛りをやってた
関連記事
関連するタグ FF5ゲームFFプレイ日記縛りプレイFF5バーサーカー縛り
[ 2014/12/02 01:39 ] ゲーム FF5 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

キロス

Author:キロス
ゲームやTCG、その他日常生活で気になった事の話をします。
主にFFの話をするつもりですが、色々なネタを書くと思います。

検索フォーム
全記事表示リンク