キロスのゲーム日記

ゲーム、TCGなど趣味の話

軽量Linuxを入れてみた

WindowsXPのサポートが切れた古いPCの有効活用のために、Linuxを入れてみました。


PCのスペックは以下のようになります

・Let's note CF-R3
・Pentium M 1.1GHz
・メモリー 256M
・HDD 40G

調べてみたら予想以上に低スペックです。


Linux関係はUbuntu、CentOS、Vine Linuxの使用経験があり、現在はUbuntu12.04のユーザーなのでUbuntuを入れようかと思っていたのですが、このスペックでは旧版ですら動作条件を全く満たしていないので、軽量Linuxを入れることにしました。

入りそうなOSを探してみたらLubuntu、Linux Bean、Puppy Linuxが出てきました。


Let's note CF-R3はCDドライブが付いていないため、USBブートでインストールしました。

USBブートにはBIOS画面の奥底に埋まっている設定を変えないといけないので面倒でした。

(なんでHDDブートの項目の奥にUSBブート用の設定があるんだよ。普通は同じレベルの項目として並列して並んでるだろ・・・)



とりあえず、最もUbuntuに近そうなLubuntuを試してみました。
バージョンは14.04です。

しかし、インストールしようとするとCPUがPAEに対応していないとかいうエラーが出てきて手詰まりになりました。

インストール開始時にforcepaeというオプションを付ければとりあえず先に進んでくれましたが、結構無理をするためのオプションらしく、インストール途中で止まってしまい成功しませんでした。



次にPuppy Linuxを試してみました。

デスクトップ画面の起動までは動くのですが、画面の3/4くらいが砂嵐になって、デスクトップが大惨事になっていたので導入をあきらめました。



最後に、軽量Linuxの中では最軽量らしいLinux Beanを試してみました。
バージョンは12.04です。

途中でインストールウィザードが起動せずに、端末から直接コマンドを実行する必要があったこと以外は、特に問題なくインストールできました。

流石に最軽量Linuxなだけあって、10年前のPCでもわりと動きます。

動画閲覧は重いですけど。

プログラミングとネット閲覧くらいにしか使うつもりがないので十分ですね。

まだ試してないですけど、Emacsは動くんですかね?

どうせ統合開発環境とかは入らないと思うので、デフォルトのテキストエディタでもいいんですけど、インデントが付けにくいのでEmacsを使いたいですね。



ちなみに、この記事を書いているPCはWindows Vistaでこっちもそろそろ寿命なので、いい加減新品に買い替えたいです。
関連記事
関連するタグ PCLinuxUbuntu
[ 2014/12/22 00:04 ] PC Linux, Ubuntu | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

キロス

Author:キロス
ゲームやTCG、その他日常生活で気になった事の話をします。
主にFFの話をするつもりですが、色々なネタを書くと思います。

検索フォーム
全記事表示リンク