キロスのゲーム日記

ゲーム、TCGなど趣味の話

ベクトル画像編集ソフトのInkscapeが便利だった

さっきまでベクトル画像を作ろうと四苦八苦していたんですが、Inkscapeというフリーソフトが大変便利だとわかりました。

ベクトル画像とは何?って話ですが、画像データは大きく分けてビットマップ画像とベクトル画像に分かれます。
ビットマップ画像は写真とかイラストに用いられる1ピクセルごとに色の情報を保持する形式で、GIFとかPNGとかJPEGファイルのことです。
こちらはペイントでも編集できるのでおなじみだと思います。

一方、ベクトル画像は図形を直線と曲線を用いて数式的に保持する形式でEMFとかEPSファイルとかになります。
ベクトル画像は画像を数式的に保持するため、拡大縮小を行っても画像が荒くならないという性質があります。
さらに、文字をテキストとして保存できるので、テキスト編集によって表示される文字を編集することもできます。
ビットマップ画像では文字を書き直すには上書きしないといけないので、ベクトル画像では訂正が楽です。
ただし、写真とかは直線と曲線で表すのは困難なために、ベクトル画像には向いていません。

本題ですが、どうにかしてベクトル画像を作ろうと四苦八苦していました。
パワーポイントからEMF形式で出力できるのですが、残念ながら文字がテキストとして保持されないようでした。
そこで、いろいろとフリーソフトを探していたのですが、Inkscapeというものが非常に便利だとわかりました。
Inkscapeは簡単に言うとAdobe Illustratorの簡易版のようなものみたいです。

無駄に機能がたくさんあって矢印を書くのにも苦労しましたが、調べればだいたいネットに情報があるので使いこなせればかなり便利だとわかりました。
対応するファイル形式も多数あったので文字情報も無事に格納できました。
使い方の説明ができるほど使いこなせてないので、興味がある人は調べてみてください。

というわけで一仕事終わったのでFF12をやってきます。
関連記事
関連するタグ PCその他のPCの話
[ 2014/10/26 23:07 ] PC その他のPCの話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

キロス

Author:キロス
ゲームやTCG、その他日常生活で気になった事の話をします。
主にFFの話をするつもりですが、色々なネタを書くと思います。

検索フォーム
全記事表示リンク