キロスのゲーム日記

ゲーム、TCGなど趣味の話

新しいPCへ古いゲームインストールとセーブデータの引越し

ゲームはゲーム機でやるのが基本のスタンスなのですが、D.C.シリーズなどのギャルゲーにも手を出している都合上、PCでもゲームをやっています。

PCの話の方でも書きましたが、新しいPCを買ったので、古いPCに入っていたD.C.シリーズ一式を新しいPCにインストールしなおしました。


以前はVistaを使っており、Windows8には非対応の作品もあったので、引っ越せるか不安だったのですが、Vistaで問題なく動いていたものは全部Windows8でも動きました。

とりあえず、D.C.ⅡとD.C.Ⅲのシリーズは全部動きました。


しかし、雑誌付録のファンディスクであるXP対応の、D.C.コラボレーションディスクはd3drm.dllファイルがないと文句を言われて起動しませんでした。

しかし、XPのWindowsシステムフォルダからd3drm.dllを引っ張り出して、実行ファイルと同じフォルダに入れると起動します。

Vistaの時から、こうやって無理やり動かしているんですが、大丈夫なんですかね。


何はともあれ、新しいPCでも古いD.C.シリーズが動くかどうかは、かなり不安だったので、一安心です。

もしも動かなければ、Virtualboxなどの仮想化ソフト内にXPを入れて、さらにその中にインストールしようと考えていたので、何もせずに動いてよかったです。


とまぁ、ソフトの引越しはできたので、次はセーブデータの引越しです。

セーブデータが引っ越せないと、D.C.P.K.でクソゲー臭の漂うポーカーを全ルートでやり直す苦行が待っているので、セーブデータの引越しは何としてもやらねばなりません。

Vista 以降のOS対応のゲームは基本的に、C:\Users\(ユーザー名)\Saved Games\サーカス\ 以下のゲームタイトルの記されたフォルダ内にセーブデータと設定ファイルが格納されていたので、旧PCから新PCにフォルダごと コピーすればOKでした。

D.C.D.X.のおまけゲームのダンジョンDXのセーブデータも無事に引っ越せました。
無駄にパーティーレベルが160まで上がっているので、消えなくてよかったです。


問題は、Vista以前のOSにしか対応していないゲームはそのフォルダ内にセーブデータが見当たらないことです。

色々探し回った結果、C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\CIRCUS\ 以下に格納されていました。
階層が深いわ。

これを丸々コピーしたら、問題なくセーブデータの引越しができました。

なお、AppDataは通常は隠しフォルダになっているので、フォルダオプションから隠しファイルを表示するにチェックを入れないと出てこないので注意してください。



まひるの誕生日にはD.C.Ⅱ To You のまひるルートをやる予定だったので、安心して攻略できます。
関連記事
関連するタグ ゲームD.C.その他のゲームの話
[ 2015/07/08 02:30 ] ゲーム その他のゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

キロス

Author:キロス
ゲームやTCG、その他日常生活で気になった事の話をします。
主にFFの話をするつもりですが、色々なネタを書くと思います。

検索フォーム
全記事表示リンク