キロスのゲーム日記

ゲーム、TCGなど趣味の話

PS3が修理から帰ってきた

先週の金曜に修理のためにソニーに送ったPS3が、ちょうど一週間後の金曜日に修理が完了して手元に届きました。

運送の時間を含めて二週間くらいはかかると思っていたので、予想外にめっちゃ早かったです。

電源が入らないということで修理に出したのですが、結局、基盤交換で12,960円かかりました。
まぁ、新品買うより安いからいいか。

私の経験としてソニー製品は新品を買っても保証期間が過ぎたらソニータイマーが発動して自動的に修理が必要になるので、一度の修理は必要経費と考えたほうがいいです。

自分が持っているソニー製品は、ノートPC一つを除いて、すべて一回以上の修理に出しています。

任天堂のゲーム機は一度たりとも壊れたことないんですが、ソニーなので仕方ないです。


問題のPS3本体ですが、基盤交換になると内臓HDDのデータは全削除になるというのは元々承知していたので良いのですが、外付けHDDに保存していたトルネのデータも見れなくなりました。

データ自体は外付けHDDに残っているのですが、認識してくれません。

トルネの録画データもPS3本体と紐づけられていたのか・・・

トルネ本体が無事なら再認識してくれると思っていたので絶望しました。

せっかく録画しておいたコナンの緋色シリーズが・・・


セーブデータはバックアップを取っておけば本体が壊れても復旧できますが、トルネの録画データはPSP以外の外部メディアに書き出せないので、本体がちょっとでも壊れると全データが消失してしまうんですね。

ゲームのついでに録画もできると思ってトルネを買いましたが、録画は別途専用機を買ったほうが安全ですね。
関連記事
関連するタグ ゲームPS3
[ 2015/07/18 06:33 ] ゲーム PS3 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

キロス

Author:キロス
ゲームやTCG、その他日常生活で気になった事の話をします。
主にFFの話をするつもりですが、色々なネタを書くと思います。

検索フォーム
全記事表示リンク