キロスのゲーム日記

ゲーム、TCGなど趣味の話

Ubuntu14.04のインストールと初期設定とおすすめのソフト

最近、Ubuntu14.04のインストールをよく行うので、方法をまとめておきます。


1.インストールディスクの作成
まずは、
https://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu1404-ja-remix
からUbuntu 14.04 LTSのisoファイルをダウンロード。
isoファイルとは、OSのインストールを行うためのファイルです。
ファイル名が「~64.iso」となっているのが64bit版、「~i386.iso」となっているのが32bit版です。
古いプリンターを使っている場合はドライバの関係から32bit版が必要になることもありますが、基本的には64bit版をダウンロードすれば大丈夫です。

ダウンロードが完了したら、isoファイルをDVDに書き込みます。
空のDVDをセットしてからisoファイルを右クリックかダブルクリックして出てくるディスクイメージの書き込みを選択すればOKです。


2.Ubuntuのインストール
UbuntuをインストールするPCにインストールディスクを入れて再起動します。
そのまま放置するとDVDからUbuntuのインストール画面が立ち上がります。

元々のOSが起動してしまう場合には、再び電源を切り、電源を入れた直後からF2を押しっぱなしにしてBIOSの画面を出します。
BIOSを出すために押すボタンはマシンに依存するので、F2で何も起こらない場合にはF1~F12あたりを試すか、PCの機種名とBIOS起動でググってください。
BIOSが起動したら、ブート先をDVDに変更します。
これもマシン依存なので、わからなければ機種名でググってください。


Ubuntuのインストール画面が現れたら、最初の画面でUbuntuをインストールを選択します。
次の、Ubuntuのインストール準備という画面で、サードパーティーのソフトウェアをインストールするにチェックを入れます。
ここでインターネットに接続されていない場合には警告が出ますが、特に問題ありません。

インストールの種類では、こだわりがなければディスクを削除してUbuntuをインストールを選択します。
自分でパーティションを分けたいなど、こだわりがある場合にはそれ以外を選択します。

それ以外を選択して自分でパーティションを分ける場合には、
新しいパーティションテーブル→続ける、と選択し、パーティションを初期化します。

その後、スワップを確保するために、空き容量を選択してから左下の+を選択→サイズに4000MB(マシンのメモリと同じ程度の容量)→基本パーティション→利用方法にスワップ領域→OKと進めます。
さらに、OSをインストールする領域として、空き容量→左下の+→サイズに20000MB(HDDの容量に余裕があれば40000MBでもいい)→利用方法にext4→マウントポイントに「/」→OKと進めます。
最後に、データ領域として、空き容量→左下の+→サイズはそのまま→利用方法にext4→マウントポイントに「/home」→OKと進めます。

次の画面で、ユーザー名とパスワードを入力して、あとは30分ほど放置すればインストールが完了します。

インストールが完了すると再起動を促す画面が出てきます。
私がインストールした環境では、再起動の表示の後にフリーズしてしまいました。
フリーズしてしまうとどうしようもないので、本体の電源を直接押して電源を落とし、再び電源を入れましたが、特に問題なく動作してくれました。


3.アップデート
再起動が完了したら、まず最初にシステムのアップデートを行います。
アップデートしないと日本語環境が中途半端だったり、動作が不安定だったりと、仕事にならないので、真っ先にアップデートします。

アップデートを行う方法はいくつかありますが、一番簡単なのは、ホーム画面の左上にあるボタンを押すと出てくる画面(Dash)の検索窓に「update」と打ち込むと出てくるソフトウェアの更新を実行することです。
実行途中でパスワードが必要になるので、打ち込んでアップデートを実行してください。

最初のアップデートにはものすごく時間がかかるので、気長に待っていてください。
アップデートが完了したら再起動を促されるので、再起動してください。
ここまで完了すれば、無事にUbuntu 14.04が使い始められます。


4.初期設定
Ubuntuは設定できる項目がたくさんあるので、重要な設定をいくつか紹介します。

①.ランチャーのアイコンを小さくする
初期状態では画面の左に表示されるランチャー内のアプリアイコンが大きすぎて、いくつもソフトを起動すると、すぐに画面からあふれるので、アイコンを小さくします。
画面左上の歯車のマークからシステム設定を選択し、システム設定から外観を選択します。
ここにあるLauncherアイコンのサイズを小さくすればアイコンが小さくなります。

個人的には24か32がおすすめです。


②.ワークスペースを有効にする
ワークスペースとは、複数の仮想のデスクトップを使い分けられる機能です。
これがあるのと無いのとでは作業効率が段違いです。
設定には、システム設定→外観→挙動タブ→ワークスペースを有効にするにチェック、とします。


③.Dashの検索からオンライン検索を削除
初期設定ではDashで検索をかけるとPC内のソフトやデータだけでなく、アマゾンなどからのオンライン検索結果まで表示してきます。
正直言って鬱陶しいだけの機能ですので、抹消します。
設定には、システム設定→セキュリティーとプライバシー→検索タブ→オンラインの検索結果を含めるをオフ、とします。


④.ネットワークの設定
環境によっては、ネット接続にDHCPではなくローカルIPを手動で割り振る必要があります。
環境に依存しますが、単にローカルIPを設定する場合には、システム設定→ネットワーク→有線を選択し、オプションを押す→IPv4設定タブ→方式で手動を 選択→アドレスの右にある追加を選択→設定するIPアドレス、接続するネットワークのネットマスク、ゲートウェイを入力→DNSサーバを入力→保存、とし ます。
詳細は、接続するネットワークの構成に詳しい人に聞いてください。


⑤.プリンターの設定
Windowsでは簡単にネットワーク内のプリンターを使えますが、Ubuntuでは多少苦労します。
設定には、システム設定→プリンター→追加→ネットワークプリンター内のネットワークプリンターを検索→ホスト名にプリンターのIPアドレスを入力し進むを押す→プリンターに応じた適切なドライバを選択→適用、とします。
これも環境依存が強いので、プリンターが接続されたネットワークに詳しい人に聞いてください。

なお、うまく印刷できないときは、大体がドライバが不適切であることが原因なので、プリンター名とUbuntu ドライバあたりでググってドライバをダウンロードしてください。


⑥.今いるディレクトリから端末を開けるようにする
GUIで深いディレクトリに入っていると、端末内で今いるディレクトリに移動するのは骨が折れます。
そこで、開いているディレクトリ内で右クリックすると、今いるディレクトリに移動した状態の端末を開く項目が追加されるようにします。
端末を開いて以下のコマンドを入力するだけです。
sudo apt-get install nautilus-open-terminal
nautilus -q

5.ソフトのインストール
Ubuntuではインストール可能なソフトがパッケージという形で一括管理されています。
そのため、新しいソフトのインストールはWindowsよりも簡単に行えます。
インストールするためには、ランチャーに表示されているUbuntuソフトウェアセンターからインストールする方法と、Dash画面から端末を起動し、端末内でインストールする方法があります。

Ubuntuソフトウェアセンターからインストールするには、左上の検索窓にソフト名を入れて、出てきた一覧から必要なソフトを選択してインストールします。

端末内でインストールする場合には、インストールしたいソフトの実行コマンドを打ち込めば、「プログラム '名前' はまだインストールされていません。 次のように入力することでインストールできます : sudo apt-get intall パッケージ名」というニュアンスの表示がされます。
あとは、sudo以下を端末にコピー&ペーストすればインストールできます。

個人的にはソフトウェアセンターの方が楽だと思います。

以下では、私がUbuntuをインストールしたら必ず入れるソフトをピックアップします。
ソフトウェアセンター内ではプログラム名かカッコ内の名前で検索すればすぐに出てくるはずです。

①.emacs (emacs23)
Linuxのテキストエディターといえばこれ。
他のバージョンもありますが、23が使いやすいです。
Linux初心者の方は使い方がわからないともいますが、使いこなすと便利なので、頑張って勉強してください。
以前にemacsを使っていたならば、インストール後に設定ファイルを引っ越せば簡単に動作環境を統一できます。


②.platex (texlive-lang-cjk)
数式をきれいに出力できる文書作成環境LaTeXの日本語対応版。
これも最初は使い方がわからないと思いますが、理系のレポート作成には便利、というか必須なので頑張って勉強してください。


③.TeXworks
LaTeXによる文書作成をサポートするエディタ。
Windows版もあります。
初期状態では日本語環境に対応していないので、↓のブログにあるTeXworks の設定: コンパイルスクリプトの作成を参考に設定してください。
Ubuntu 12.04 で TeXWorks の導入


④.gnuplot
関数やデータを元にグラフを描くソフト。
データを可視化するのに便利です。
コマンドラインから実行するので、プログラムにも埋め込んで自動でグラフを描画したりもできます。
これも使いこなすには勉強してください。


⑤.GIMP
お絵かきソフトその1。
Windowsで言うところのPhotoshop。

⑥.Inkscape
お絵かきソフトその2。
Windowsで言うところのIllustrator。

GimpもInkscapeもフリーソフトですが本家PhotoshopやIllustrator並みの機能が揃っており、非常に高機能です。
どちらもWindows版があります。


インストール後、これらの設定とインストールをすれば、大体の作業はできると思います。
関連記事
関連するタグ PCLinuxUbuntu
[ 2015/10/19 03:06 ] PC Linux, Ubuntu | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

キロス

Author:キロス
ゲームやTCG、その他日常生活で気になった事の話をします。
主にFFの話をするつもりですが、色々なネタを書くと思います。

検索フォーム
全記事表示リンク